« 独楽バトル | トップページ | 鉛筆削り教室 »

2010.04.22

電話の受け答え教室

P4121879  学童保育には様々な人から様々な電話がかかって来ます。
 そこで学童保育では誰もが受話器をとってきちんと対応出来る様に壊れた電話機を使って受け答えの練習をします。
 指導員が番号を押して「リリリリーン」と言うともうひとつの電話機をとって「はい、もしもし下新庄学童クラブです。どちら様ですか?」と言う練習をします。
 後は指導員が色々要件を言うのでそれに従って対応してもらいます。
 変な要件や変な人からの電話もランダムに入れて対応出来るか観ます。
 それが面白くてみんな輪になって仲間の対応を観ています。
 一年生も最初は怖々でしたが面白くなって一生懸命しゃべっているのがとても可愛かったです。
 6年生も、かける役を買って出てくれ面白く会話してくれていました。
 こうやって少しずつ社会性を仲間の中で身につけて行く学童っ子達です。

|

« 独楽バトル | トップページ | 鉛筆削り教室 »

下新庄学童の行事・活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電話の受け答え教室:

« 独楽バトル | トップページ | 鉛筆削り教室 »